世紀末はあんなだったなあ。という思い出と共に風俗体験談を綴ります。

地方風俗の超人気店

私の地元にはソープランドがありません。他の風俗はあるのですが、条例のためなのかソープだけがないのです。どうしても我慢がというときは地元の風俗を利用するのですが、数ヶ月に一度隣県のソープ街に行っています。隣県この地方ではかなり大きなソープ街だけではなく、全国でも通には知られている会員制の店があります。最初は忘年会の時期に上司に連れていってもらい、紹介ということで会員になることができました。一見さんお断りという厳しい店ですが、全国各地からお客さんが来ているという人気店で、まさに知る人ぞ知る名店です。出張の際に都会の高級ソープにもいったことがあるのですが、レベル的には引けをとらないどころか上回るほどであり、価格はそれに比べるとお手頃ですので、人気があるのも納得な店です。サービスや質は超高級店、価格は通常の高級店クラスというお勧めな店なのですが、唯一不満なのは人気があり過ぎて予約するのが難しいといったところです。

フリーで風俗に入る

ギャンブルで大勝ちしたときだけ限定で行うことがあります。それは風俗のハシゴです。人気の子を予約していくのもまた楽しいものがあるのですが、フリーでどんな子が来るのか?という楽しみもまた風俗の楽しみでもあります。予約していけば確かにそこそこの子には当たりますが、博打的な楽しみはありません。たまにハズレがあるから、当たりの子がきたときの嬉しさが倍増するというのがフリーの楽しみでもあります。通常はさすがにお金がもったいないと考えてしまいますが、ギャンブルで勝ったときはギャンブルの続きだと思って楽しんでいます。ハシゴをする理由としては、当たりがきたときは連勝を、そしてハズレがきたときは保険です。何をもって当たりかハズレかは人によって違うと思いますが、フリーですと好みでない子がきてハズレたかと思っていても、性格やサービスがよく実は大当たりだったということもあります。自分がセコいから大勝ちしたときしかやりませんが、一度フリーも体験してみてはいかがでしょうか?意外な発見があるかもしれませんよ。
風俗嬢批評サイト「風俗ハリケーン」
http://www.ndbunit.org/

ギャル風俗

都会に住んでいる人には分からないと思いますが、地方にはギャルはいません。ギャルっぽい子はいるのですが、ある意味その地方独特の文化に沿っているのでいわゆる“毛色”が地方によって違うのです。仕事で出張が多く、全国各地を周っていると、具体的にどうとはいえませんが、地方によってギャル文化が違うのです。これと同様に風俗にも違いがあり、若い子が多い風俗、特にデリヘルも店のお勧めが変わってきます。地方で若い子が多い店は、大体“清純向け”です。ギャル好きな私としては、見つけるのにかなり苦労をしています。ですが都会に行くと、ギャルは在籍しているのが当たり前、場所によっては専門店さえあります。地方ではサイトを漁りまくって探さないといけないのに、専門店ではどの子を選ぼうかと迷わなくてはいけないほどです。ギャルは若く、スタイルが良いというだけではありません。口はあまり良くはありませんが、コミュニケーションに長けており、人見知りをしません。おっさんの私がそうですので、若い人ならなおさらだと思います。

状況で変える風俗遊び

風俗遊びにはまって随分と長くなりますが、私は自分の状況に応じて風俗を選ぶようにしています。状況といっても、彼女がいるときといないときの違いなのですが、いるときはソープランド、いないときはデリヘルを選択しています。本命の彼女がいて風俗遊びとは、かなりふざけたことをいっているように思いますが、彼女は素人です。当然無茶はできませんし、技術的には拙いものがあります。彼女に飽きて浮気をするより、風俗でプロの技術で抜いてもらうほうが修羅場にはなりません。ただ石鹸類の匂いだけは要注意です。フリーの時はデリヘルを選んでいるのは、ラブホに行くことが理由になります。ラブホは彼女と行くものであり、デリヘル嬢自体も素人に近い子が多く、恋人気分が満喫できます。これが彼女がいるときですと、後ろめたさがあり遊んだ気にはなれません。彼女がいるときは素人には無い技術を。いないときは精神的なものを満たしてくれるものを選んでいます。我ながら思うのですが、どうも結婚しても遊びは止められそうにありません。

自分流風俗の遊び方

風俗遊びで一番楽しいのは、プレイそのものよりも“予想”です。安い風俗とはいえ、サラリーマンの私の給料では毎月遊ぶのは辛いものがあります。そのためサイトを眺めていける月に備えるようにしているのですが、サイトのプロフィールのほとんどはボカシか顔が隠してありますし、サイズなども誤魔化しがあります。本当の数字ではないから不誠実だと思われますが、芸能人でさえまともなことは公表していませんし、ウェストが50センチ台なんて、よほど痩せている人でないとありえません。サイトには店独自の基準が存在しています。各店舗で決めているようですのでハッキリとしてことはいえませんが、スリム・標準・ぽっちゃりは、数字とプロフィールの写真で表現はしているようです。この店独自の基準を見抜き、指名する。そして自分の予想が当たった、もしくは予想以上だった場合は、喜びも倍増するといった遊びも楽しんでいます。この予想が楽しいため、同じ子は指名していません。